クラミジアの治療期間の目安|パートナーとの同時治療で再発防止

2020年02月18日

クラミジアは、基本的に抗生物質の内服で完治させることができます。この感染症の治療に使用される抗生物質には様々な種類が存在しており、種類によって服用期間が変わりますが、1~7日程度にわたって服用するのが一般的です。しかし、クラミジアの原因であるクラミジア・トラコマチスは、抗生物質を服用した直後に死滅するわけではなく、完全に体内から消失させるには一定期間を要します。一般的には、抗生物質の服用を開始してから3~4週間後に、再検査を受けて治療が成功しているのかの確認が行われます。つまり、クラミジアの治療期間は、1か月程度が目安ということです。

また、治療を行う上で注意すべきなのが、抗生物質を服用したからといって必ずしも完治しないという点です。現在、クラミジア治療に使用される抗生物質は高い有効性があり、その有効率は約90%となっています。しかし、裏を返せば約10%の人は治療が失敗することを意味しています。したがって、抗生物質を服用しただけで治療を終了せずに、必ず再検査を受けて完治したことを確認することが重要です。なお、抗生物質は正しく服用しないと治療失敗のリスクが高まるため、たとえ症状が改善した場合でも自己判断で服用を中止してはいけません。

さらに、クラミジア治療を行う上で最も重要となるのが、パートナーと一緒に治療を行うことでピンポン感染を防ぐことです。ピンポン感染とは、自身とパートナーとで性感染症をうつしたり、うつされたりを繰り返すことで、たとえ自身が治療を行って完治したとしても、パートナーも感染していた場合は、再び感染してしまう恐れがあります。クラミジアは、自覚症状が現れにくい性感染症として知られていますが、たとえ無症状であっても感染リスクが少なくなるということはありません。そのため、パートナーに症状が現れていない場合でも安心することはできず、自身が感染していることが判明したら、パートナーも感染していると考えて行動することが重要です。クラミジア治療を行う際は、パートナーに打ち明けて一緒に治療を行うことがピンポン感染を防ぐ唯一の方法となります。

なお、治療期間中は体内に細菌が残っている可能性が高いため、再検査を受けて両者とも完治したことが確認されるまでは性行為は控えましょう。また、クラミジアは性器だけではなく喉にも感染します。軽いキス程度であれば感染リスクは少ないですが、治療期間中のディープキスは感染リスクが高くなるため注意が必要です。

関連記事
クラミジア治療薬「アジスロマイシン」の効果と副作用

クラミジアの治療薬として広く使用されているアジスロマイシンは、細菌性の感染症に有効な抗生物質です。様々な疾患への適応が認められており、クラミジア治療だけでなく、副鼻腔炎やマイコプラズマ肺炎、歯周病などの治療にも使用されています。アジスロマイシンは、細菌のタンパク質合成を阻害することで、細菌の増殖を抑

2020年04月24日
クラミジアから発展する肺炎に要注意!原因と予防方法

クラミジアは、日本において最も感染者数が多い性感染症ですが、場合によっては肺炎を起こす恐れがあります。そもそも、この感染症を引き起こす細菌には、いくつか種類が存在するのですが、性器や喉に感染するのはクラミジア・トラコマチスという種類の細菌です。通常は、この細菌が成人の肺に感染することはありませんが、

2020年03月15日
ジスロマックの効果とクラミジアが治るまでの期間目安

ジスロマックは、クラミジアの第一選択薬となっているマクロライド系の抗生物質で、アジスロマイシンを有効成分としています。クラミジアの原因となるクラミジア・トラコマチスという細菌の他にも、様々な細菌に対して効果を発揮するため、歯周病や副鼻腔炎などの治療にも使用されています。この治療薬の有効成分であるアジ

2020年01月17日
クラミジア治療薬のジスロマックの購入方法

クラミジア治療の第一選択薬として広く使用されているジスロマックは、医療用医薬品に分類される治療薬なので、ドラッグストアや薬局などで購入できる市販薬は存在しません。そのため、ジスロマックを入手するには、基本的に医療機関を受診して処方してもらう必要があります。しかし、個人輸入通販サイトを利用すれば、医療

2020年02月03日
アジーの飲み方は症状によって違う!正しい用法用量を解説

アジーは、アジスロマイシンを有効成分とした抗生物質で、ジスロマックのジェネリック医薬品となります。アジーは、先発薬であるジスロマックよりも安価であることが最大の特徴ですが、ジスロマックに存在しない1000㎎錠が存在することも特徴のひとつで、250㎎錠と500㎎錠を含めて3種類存在します。また、アジー

2019年12月29日
クラミジア治療薬「アジー」は個人輸入通販でゲット!

アジーは、インドの製薬会社であるシプラ社が製造販売している抗生物質です。クラミジア治療の第一選択薬となるジスロマックのジェネリック医薬品であり、ジスロマックと同じ有効成分であるアジスロマイシンが配合されています。そのため、アジーはジスロマックと同等の治療効果が得られるにもかかわらず、価格が安いという

2019年12月09日
クラミジアの検査キットは安い?通販なら身バレしなくておすすめ

クラミジアは、感染しても自覚症状が現れないことが非常に多いため、放置されやすい性感染症です。しかし、治療を行わないでいると、男女ともに不妊症の原因となることがあるため、早期発見をして治療につなげることが重要です。クラミジアの検査は、医療機関や保健所で受けることができますが、感染しているかもしれないと

2019年11月27日